スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアプレー

YouTubeでこんな動画があるのを知りました。


主審は笛を吹いていないのでプレーを続けても何の問題も無い場面ですし、またとないチャンスでもあります。ですが、GKの状態を確認しプレーを切りました。そんな彼を相手選手達が称えています。
まさに、これぞフェアプレーでしょう。

この動画を見て思い出した触れていなかったあの事について・・・
お知らせとお願い・・・ファジアーノ岡山オフィシャル

Jリーグがアクチュアルプレーイングタイム(実際にプレーが行われているプレー時間)増加を目指していますが、2009年シーズンにおいてその時間の最も少ない2試合が共にファジアーノの試合だったとのこと。

時間を増やすためにファジアーノは思い切った宣言をしてしまっていますが、これってどうなんでしょう。Jリーグに理解を求めるとあるので、ファジアーノ独自の判断ということですよね?

フェアプレーを避けることを両チームの選手に強要するようなことは、フェアプレーを掲げるJリーグが容認するわけが無いと思います。しかし、こんな賛否両論の嵐を生むようなことしなければならなかったわけだから、協会側からの『指導』はよっぽどのものだったのかな?

一つ思うのは、単純にプレー時間を増やすなら選手ではなく、試合のコントロールを行う主審に対して働きかけなければいけないと思います。どんなあからさまな遅延行為を選手が訴えたとしても主審が反則をとらなければそれが横行し時間は少なくなりますし、抗議をした時間分さらにロスしてしまいます。
Jリーグ側がどう考えているか分かりませんが、主審に『指導』できるのはJFAやJリーグだけです。時間を増やすことをクラブや選手に押し付けるのではなく協会側が全体を巻き込んで変えていくことを望みます。エキサイティングな時間は長いほうが嬉しいですからね。

ファジアーノの宣言が容認されるかは分かりませんが
今シーズンも動画のような美しいフェアプレーの精神がピッチ上で
観られるといいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
年齢: '83.3.3生 29才
血液型: O型
星座: うお座
趣味: スポーツ観戦
    (特にサッカー)
特技: 娘あやし・おむつ換え
備考: イクメン修行中

最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
カテゴリー
月間アーカイブ

Plug-in byまる。hi

リンク
訪問者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
試合日程
承っております。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。